キャラ

【約束のネバーランド】ギーラン卿の野良落ち追放理由をネタバレ考察!【約ネバ】

【ネタバレ注意!】約束のネバーランド(約ネバ)のギーラン卿が野良落ち追放された理由について徹底解説しています!ギーラン卿と王家、5摂家の関係性について興味がある方はぜひご覧ください。

ギーラン卿が野良落ち追放された理由

追放された700年前はムジカ一族が登場した時と一致

★ギーランはムジカ一族の血を鬼の皆で分けようとした?

約束のネバーランド127話のムジカギーランは700年前無実の罪で貴族の立場から追放され野良落ちの刑を受けてしまいました。この700年前というのはムジカの一族が登場した時期と一致しています。このムジカの一族をどうするのか?という議論でほかの鬼と意見が割れてしまったのではないでしょうか。ギーランは、”ムジカの一族の血を鬼全員で分けようとした”と考えられます。

★意見が合わず5摂家から追放される

約束のネバーランド125話の王家、5摂家しかし5摂家はムジカの一族を皆殺しにして食べるという決断を下しました。ムジカ一族は農園システムの根幹をゆるがす存在で彼らがいると鬼の貴族の立場がなくなってしまうからです。鬼全体のことを考えれば当然ムジカの血を分けたほうがよいでしょう。ギーランは鬼全体の利益を追及した結果、野良落ちになってしまったと考えられます。

ギーラン家のこれからの展望

★ギーラン家VS王家、5摂家

ギーラン家はこれから王家・5摂家と戦うことが推測されます。ギーラン家が貴族たちと戦う前にエマが約束を結びなおせれば鬼同士の戦争は起きませんがそれではストーリーが面白く進みませんよね。最終的に鬼の絶滅は免れるとしてもギーラン家VS5摂家、王家の戦いはあると予想します。

★ギーラン家が勝利する・・・?

約束のネバーランド126話のノーマン、レイ、エマノーマンの作戦と援助を受けてギーラン家が勝利すると考えられます。そしてギーラン家は王家、5摂家を食べて血をたくさんの鬼達に分け与えようとするのではないでしょうか。

★エマが約束締結に成功し鬼は人間を食べたい欲が消える

このタイミングでエマがもう1つの約束を締結し鬼は人間を食べたい欲が完全に消えるのだと思います。そしてギーラン家がほかの鬼たちに自分の血を分け与えるようになれば鬼たちも人間たちも生き残る世界が実現すると考えています。

次に読みたい記事

最新巻のあらすじ 最新ネタバレ
14巻のネタバレあらすじ
▶︎14巻のあらすじ
▶︎128話のネタバレ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です