ネタバレ

【約束のネバーランド】120話のネタバレ【約ネバ】

【ネタバレ注意!】約束のネバーランド(約ネバ)の120話のネタバレを掲載しています。2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ9号のネバランの内容を詳しく知りたい方は是非ご確認ください。

120話のネタバレ

鬼は他の生物を食べて進化した

約束のネバーランドの120話の鬼の正体 約束のネバーランド120話は、ノーマンの鬼についての説明から始まります。
鬼は形のない怪物、一番最初は恐らく細菌に似た何かでした。鬼は、他の生物の遺伝子を取り込むことで進化を遂げ続けています。鬼の進化方法は、食べること。虫を食べれば、虫のような形になり、魚を食べれば魚のような何かになっていきました。
そして、食用児を管理している鬼達は、人間を食べて人間に似た姿と高度な知能、言葉や文化を獲得した生物であることが判明しました。

鬼は食べ続けないと形質を保てない

約束のネバーランドの120話の鬼の正体 鬼たちは、速すぎる進化の代償として、食べ続けなければ他の生物の形質を保つことが出来ないです。そのため、鬼が人間を食べ続けるのは、そうしなければ形も知能も保つことが出来ないからでした。

ノーマンは農園を潰すことを目標に

約束のネバーランドの120話のノーマンによる鬼の絶滅計画 上記に書いた鬼の性質から、ノーマンは農園をすべて潰すことを目標に掲げます。農園を潰して、鬼が人間を食べることが出来ないようにし、人の知能をなくす作戦です。
「鬼を全て絶滅し、大人になれない世界(ネバーランド)を終わらせる」。
ノーマンの考えは固まっています。

試験農園を利用する

約束のネバーランドの120話のラムダ農園について ザジやアダム、更にはジンやハヤトは試験農園から生まれた人間であることが分かります。彼らの異常な力は、繰り返される投薬と実験によって得られた力とのことです。ノーマンはこの力を鍛えて利用すれば、鬼にも勝る戦力になり、農園を全て破壊する目標を達成できると考えています。

まとめ

以上が、約束のネバーランド120話のネタバレでした。次回の約ネバは2019年2月4日の少年ジャンプ10号で読むことが出来ます。このサイトでもネタバレ情報を更新していくので、続きが気になる方はぜひご覧ください。 ブックマーク推奨です!

次に読みたい記事

前の話 次の話
▶︎119話のネタバレ
▶︎121話のネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です