ネタバレ

【約束のネバーランド】121話のネタバレ【約ネバ】

【ネタバレ注意!】約束のネバーランド(約ネバ)の121話のネタバレを掲載しています。2019年2月4日発売日の週刊少年ジャンプ10号のネバランの内容を詳しく知りたい方は是非ご確認ください。

121話のネタバレ

エマと他の子供達の反応の差

約束のネバーランドの121話のエマとギルダ 約束のネバーランド121話は前回(120話)でノーマンが言った、
「鬼は滅ぼす、絶滅させる。大人になれない世界(ネバーランド)はもう終わり、鬼世界に全食用児の楽園を築こう。」
に対する子供達の喜ぶ姿から始まります。鬼がいなければ狩りも出荷もない、怯えずに済む、あんなに強い鬼たちを全部倒せるかもしれない。子供達はみんな喜びの言葉を口にします。レイも言います。
「戦略的に鬼をなくす方法があるのなら(7つの壁を探すより)そっちの方が確実だ。」
そしてギルダも
「よかったぁ、これでもうエマに無茶させずに済む。」
と安心した表情を見せます。しかし一方で子供達が喜ぶ中、エマ一人困惑した表情を見せています。はっきりとは描かれていませんが、エマには「鬼達を滅ぼしたいわけではない」「鬼にも良い鬼がいる」という鬼も人間と同じ一つの生命なのではという考えがあるのでしょう。ただ、レイ、ギルダ、他の子供達の喜ぶ姿を見て自分を納得させているようでした。

ノーマンの様々な姿

ノーマンから「鬼を滅ぼす」という話を聞いたあと、エマ達はノーマンに休むための部屋へと案内されます。案内の途中下の階に住んでいた子供達にノーマンは「ボス」「ミネルヴァさん」と呼ばれます。

★GFの子供達は困惑してしまう

約束のネバーランドの121話のノーマン(ボス) 「ボス」「ミネルヴァさん」と呼ばれるノーマンに対してGFの子供達は
「ノーマンのこと何て呼べばいい?ミネルヴァさん?それともボス?」
と困惑した顔でノーマンに尋ねます。これに対しノーマンは
「どれだけ立場が変わっても僕は僕、みんなが知ってるノーマンだよ。」
とGFの子供達を安心させます。子供達はそれを聞いてノーマンに抱きつくとノーマンは思いっきり倒れていました。背が高くなっても力がないのは変わらないようです。

久しぶりの家族での時間

約束のネバーランドの121話のエマとノーマン、レイ 久しぶりにノーマンと過ごせる時間はエマ達にとってとても幸せな時間です。家族同然の子供達全員で美味しいご飯を食べ、話をして、笑う。エマは
「あ〜!寝るのが勿体ない!」
と言っています。この夜はノーマン、レイも含むエマ達全員にとって本当に楽しく、怖いことも辛いことも全部忘れて過ごせたようです。

まとめ

以上が121話のネタバレでした。次回以降ノーマンの意見に違和感を抱くエマが、どのように立ち振る舞うか楽しみですね。こちらの記事では毎週月曜日に最新のネタバレと次回の予想を更新しているので、続きが気になる方はぜひこまめにチェックしてみてください。 ブックマーク推奨です!

次に読みたい記事

前の話 次の話
約束のネバーランドの120話のネタバレの画像▶︎120話のネタバレ
122話のネタバレ▶︎122話のネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です