あらすじ

【約束のネバーランド】12巻のネタバレ(あらすじ)【約ネバ】

【ネタバレ注意!】約束のネバーランド(約ネバ)における、12巻のあらすじを掲載しています。12巻の登場キャラからポイントまでストーリーを詳しく解説しているので、ネバラン12巻のあらすじを読みたい方はご覧ください。

押さえておくべきポイント

  • 支援者と電話で接触
  • 敵はシェルターを捜索
  • 7つの壁探しを始める
  • クヴィティダラに到着
  • GP崩壊から約1年7カ月までの話
  • エマ帰還、そして敵襲
  • エマ達の脱走と追跡を計る敵襲
  • エマ達の脱走2

12巻で登場する主な人物

GFの子供達

エマ レイ ノーマン
ドン ギルダ

GBからの脱走者

ユウゴ ルーカス

12巻のネタバレ(あらすじ)

支援者と電話で接触

★隠し部屋には一本の受話器

12巻の冒頭で、シェルターに隠し部屋があることが判明します。隠し部屋には、壁に着けられた一本の受話器。エマが受話器を使って電話をしましたが、応答はありませんでした。

★7日後に「支援者」からの連絡

エマが電話をしてから7日後に「支援者」から連絡が返ってきました。「支援者」はモールス信号で、このような発言をしました。
「悪いが今は会えない、時期にこちらから接触する。気を付けろ、敵はピーターラートリー、ミネルヴァの弟ラートリー家の当主。そこを動くな、必ず迎えに行く。」
エマ達に新たな希望が生まれます。

敵はシェルターを捜索

★ピーターラートリーの家来「アンドリュー」

12巻の冒頭では、ピーターラートリーの家来「アンドリュー」が銃を構えて、エマ達が暮らすシェルターを探している描写があります。

★ダミーシェルターに気付き、動きを活発化

シェルターを見つけた「アンドリュー」ですが、そのシェルターがダミーとすぐに感づく。「ピーターラートリー」に報告をいれ、更にシェルターを見つける方法を過激化させて行きます。

★おいてかれた「フィル」と接触

動きを活発化させた「アンドリュー」は、エマ達においてかれた「フィル」に接触します。「フィル」は、火事の影響で系列の施設に引き取られています。引き取られた先で、「アンドリュー」は何かを聞き出そうとしていますが、その内容は漫画で公開されていません。

エマ達は7つの壁探しを進める

★手がかり「クヴィティダラの竜の目」

エマ達は、支援者を待つ間に7つの壁を探すことに注力していきます。まずはじめに、ペンに書かれている、クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すことに。「クヴィティダラ」は、資料室の古文書に場所と言い伝えが記されていました。
「クヴィティダラには竜がいて、その目は何でも見通せる」
「皆がその目を欲しがってクヴィティダラに押し寄せる」
「クヴィティダラは竜の町」
エマ達は、この言い伝えを確認するために古文書に記された場所、「D528-143」を目指します。

★「D528-143」を6人で目指す

エマ達は、「クヴィティダラの竜の目」がある「D528-143」を目指します。支援者に動くなと言われていることから、行く人間は少数。そこでエマとレイが選んだ、「ドン」「ギルダ」、ユウゴが心配で付け人として選んだ、「ヴァイオレット」「ザック」の合計6人で「クヴィティダラの竜の目」を目指すことに。エマ達の長い旅が始まります。

「クヴィティダラ」に52日かけて到着

★石で作られた遺跡?

古文書に書かれていた「D528-143」は、古文書に記されていた「竜の町」はなく、実際は石で作られた遺跡のような場所でした。皆が遺跡が何かを考えている間に、エマは石に刻まれた矢印をみつけます。記された矢印の部分の汚れを手で払うと、何かのマークが浮き彫りに。

★マークを見たエマは突如、過去の光景を見る

マークを見たエマは、過去の光景を見ます。
クヴィティダラで祈りを捧げている鬼の光景
鬼に追われている人間の光景
人がカプセルの中にいる光景
そして、約束が交わされた日の光景

★過去をエマに見せる謎の生物

「珍しいね、生きた人間なんて」
過去の光景をエマに見せてきた、小さくて鬼らしき謎の生物が喋りかけてきます。鬼らしき謎の生物は、エマに続けてこのように告げます。
「いまは君は見ているだけ、ちゃんとおいでよ、次は入り口から」
鬼らしき生物は、昼と夜の間で話しかけてくるので、エマも今いる場所は「昼と夜」と察します。
「ここには、何もないけどなんでもある」
「入口はどこにもないけど、どこにでもあるから」
「そしたら、あそぼ」
エマは、鬼らしき生物に正体を聞こうとしますが、指で大きく弾かれ体を空中に飛ばします。空中で飛ばされている中で、エマは「寺」と「金色の水」を見ます。

★現実に戻るエマ

目を開けて意識を失っているエマを、ヴァイオレットが平手を使って意識を取り戻します。意識を取り戻したエマは、先ほどの光景を仲間たちにも見たか確認しますが、光景を見たのは一人だけ。困惑するエマですが、あることに気づき、急いで遺跡の石に上ります。

★見た夢は、ただの夢じゃないと確信する

遺跡の石に上ったエマと、それを追ったレイの二人は、遺跡を上から全体を見渡すと、竜の目のような形をしていることに気づきます。それを見たエマは、先ほどの夢はただの夢じゃないことを確信します。先ほど見た夢をレイに共有します。
「私見たの、竜や過去の光景、昔のクヴィティダラ、昼と夜が一緒になった場所。それから、多分■■にも会った」

★エマが遺跡の仮説をたてる

エマは、この遺跡が何なのか仮説を立てます。
(多分、この遺跡が竜の目で、かつては望む物、何かが見える特別な場所だった?)
(だけど、今はもう見えなくなっていて、でも私見た、私だけが)
(これを持っていたから?)
エマは、ムジカからもらった謎のペンダントを手に持ちます。
エマの仮説はここで終了。
今回起こった出来事を仲間全員に共有。一度シェルターに戻って、エマが見た光景の場所を探すことに。

GP崩壊から約1年7カ月までの話

★支援者からの連絡はない

食用児達は、脱獄してから今まで、ラートリー家に襲われることもなく順調に生活しています。ただ支援者からの連絡は今もまだありません。

★エマ達の7つの壁探しの進捗

エマ達がシェルターに戻った後、すぐに「金の水」と「寺」の資料を集め、半月後には旅にでます。最初は東側を確かめに行ったエマ達。7カ月を使って再度戻ってきますが、成果は0のままでした。次は、西側を探すことに、西側には金の水の場所の候補地が7箇所、寺の候補地が3箇所あります。

★エマ達は寺を探すために鬼の町へ

エマ達は寺を探すために鬼の町を探索します。シェルターで作ってもらった鬼の仮面は、非常に出来がよく、バレないで町を探索できているようです。

★クヴィティダラで見た寺を見つける

2つ目の候補地でクヴィティダラで見た寺を見つけます。エマ達は、寺に続く長い階段を登り、寺を調べにいきます。寺は6つの塔に別れており、全ての塔には供え物が入っている様子。その中には、ムジカからもらったペンダントのマークや、■■の雰囲気に似た人形も備えられていました。

★6つの塔の天井には7つの壁の答え

寺の6つの塔の天井には、7つの壁の入り方と入る方法が描かれていました。「昼と夜」、「金の水」、漫画では描かれいませんが、全ての天井絵をつなぎ合わせることで、7つの壁に行く方法が見つかったようです。

エマ帰還、そして敵襲

★エマは昼と夜の行き方を説明しようとする

GP崩壊から約1年9カ月、シェルターに帰還したエマ達は、7つの壁の入り口(昼と夜)の行き方を説明を始めます。どうやら、ほぼ入り方を確定しているようです。エマは、旅で見つけた金の水を出し、重要な内容を話すかと思われました。

★人間の敵襲

7つの壁の入り口の説明をしようとしたその時、アンドリューが引き連れた8人の敵が襲ってきます。敵襲は闇の中からいきなり現れたため、カメラの死角を縫ってきた模様。エマ達は、武器庫に隠れ、足の不自由なルーカスと、それを気遣うロッシーは、監視モニター室の近くの隠し部屋(電話部屋)に隠れます。

エマ達の脱走と追跡を計る敵襲

★シェルターの非常口から脱出を計る

シェルターは、いつも使っている出入口のほかに非常口がもう二つあります。エマ達は、ソンジュが繋げて作った地下道に近い非常口を使って逃げようと試みます。非常口へと通じる道は7つ、どの道も隠し通路となっているため、敵には気づかれていないという考えで行動します。

★敵襲はモニター室を抑える

敵襲の一人が監視モニターの部屋を抑えます。監視モニターに映る映像をダミーにしていたのに瞬時に気付き、モニターを正常化させる敵の一人。隠し部屋にいるルーカスは、そのやりとりを隠し部屋の隙間から聞いていました。

★ルーカスがモニター室の敵を倒す

ダミーが見破られてしまっては、地上に出るとき皆が何処に逃げるかバレてしまうことを、危惧するルーカス。モニター室の敵を倒すべく、気配を殺し、背後から襲い掛かります。無事、男を倒したルーカスですが、相手の通話機から聞こえる声。
「各班配置につけ、出口は全て固めろ」
敵は、非常口の存在にも気づいていました。エマ達が危ない。ルーカスは、ただちにロッシーを向かわせます。

★非常口を開けた二人が打たれる

非常口を目指すエマ達、仲間の二人が先に行って出口(非常口)を開けるに行くと言い、先に行く。それ以外は、クリスを先頭に歩いていたが、出口の近くまで来たところで銃声が鳴り響く。先に非常口を開けに行った二人が頭を打たれて、上から落ちてきます。その光景に足を止めたクリスを、出口から銃を構えたアンドリューが撃ち殺そうとします。

★エマがクリスを助けるが意識不明の重体

エマがとっさに動いて、クリスを撃たれないところまで、連れていきます。しかし、クリスはアンドリューが放った弾を額にかすめて、意識不明の重体です。エマと入れ替わりで銃を持つ仲間が応戦しますが、相手は防弾の服を着用しており、勝ち筋が見当たりません。

アンドリューの問いかけ

★支援者は始末した

出口から、アンドリューが話しかけてきました。
「私はアンドリュー、君たちを殺しに来た」
「この一年半で君たちの支援者は、一人残らず探し出し始末した」
「ゆえに我々はこのシェルターの場所はもちろん、内部構造までも知っている」

★応答するエマ

エマは、当たり前の日常を守りたい、そのため、7つの壁を探して約束を結びなおすことをアンドリューに大きな声で発言します。しかし、アンドリューは7つの壁を知っているなら、尚更殺さなければならないと言う。話しが終わると、アンドリューはガスを放つ武器を下に投げ、ガスマスクを装着。ユウゴが、とっさの判断で防火戸を閉ざすように指示し、難を免れます。

エマ達の脱走その2

★ロッシーと合流、脱出方法を見出す

モニター室の隠し部屋から、エマの後を追っていたロッシーと合流します。ロッシーは、エマ達と合流するまでに、敵の通信機から何度も指示を聞いていました。どうやら、敵は電話の隠し部屋と食堂下の武器庫の存在を知らない様子。気づかれないうちに、武器庫を抜けて、いつもの出口から外へ出ることになりました。

★いつもの出口から脱出

先にいつもの出口についたルーカスは、出口の上で見張りをしている敵を倒し、皆を待っていました。エマ達も、敵に気付かれることなく、全員で外に脱出することに成功します。

★大人二人は追ってを倒すために残る

ユウゴとルーカスの大人二人は、残りの6人を追ってこられないように残ることを選択します。倒した相手の装備を装着し、シェルター内に戻る二人。
「俺たちの墓場には打ってつけだ」
彼らは、死んででも敵を倒すことを考えているようです。

次に読みたい記事

前の巻 次の巻
▶︎11巻
約束のネバーランド13巻の表紙
▶︎13巻

約束のネバーランドの購入・視聴

アニメを見る

★動画視聴サイト

約束のネバーランドのアマゾンプライムアニメ
Amazon
プライム

おすすめ
▶︎Amazonプライムで見る
コスパ最強!
月額400円で見放題
他のアニメ・映画・ドラマ・音楽も視聴可能。
FOD
プレミアム
▶︎FODプレミアムで見る
月額888円、1ヶ月無料
1話視聴に300ポイント必要
漫画もポイントで購入可能

漫画を読む

★電子書籍で読む

eBookJapan
おすすめ
▶︎eBookJapanで読む
・ポイントでお得に
・最大5台対応
・割引時はさらにお得に
まんが王国 ▶︎まんが王国で読む
・50%OFFクーポン有!
・ダウンロードは不可
Amazon ▶︎Amazonで読む
・単行本:410〜451円
・まとめ買い:5,043円
楽天 ▶︎楽天で読む
・単行本:410〜451円
・まとめ買い:5,043円

★コミック(紙)を購入する

Amazon ▶︎Amazonで購入する
単行本:432〜475円
まとめ買い:5,313円
楽天 ▶︎楽天で購入する
単行本:432〜475円
まとめ買い:5,313円

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です